読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸三角四角

IT業界にしがみつく新人SEが立派なプログラマになろうともがく奮闘記

Java Goldを1ヶ月で合格した話

IT Java 資格 勉強方法

前回はJava Silverを1ヶ月で取得する方法を書きました。

今回は、Java Goldを1ヶ月で合格した話です。

dadainu.hateblo.jp

 

1. きっかけ

 Java Silverに合格したので、

 もっと上を目指そうと考えました。

 IT業界で転職をした際に、

 持っていて有利となる資格というのもあったので、

 取得を目指しました。

 

2. 勉強方法

 Java Silverを取得した際と同じように、

 ひたすら参考書と問題集を繰り返し読む作戦をとりました。

 Java Silverとは違い、

 Java Goldの内容は難しく理解できない内容があったので、

 勉強量は若干増えました。

 平日は通勤2時間と仕事帰宅後1時間勉強し、

 休日は3時間程度で参考書で理解できない点を何度も読み込みました。

 勉強期間は1ヶ月かかりました。

 試験直前は模擬試験に専念し、

 理解が甘い点を徹底的に覚えるよう対策をしました。

 

3. 参考書

 私が勉強に使用した本は、2冊です。

 1つ目は、通称青本と呼ばれる本です。

 

 Java Goldでは、APIに関する問題が多く出題されるます。

 青本はそれらAPIに関する説明が事細かに記載されているので、

 復習をする際にすごく役立ちます。

 章末の練習問題と模擬試験を重点的に読むようにし、

 知識不足だなと感じる部分は、

 説明を見るような使い方をしました。

 

 2つ目は、通称白本と呼ばれる本です。

 

 私は始めAPIに関する知識があまりなかったので、

 こちらの問題を解きながら知識をつけていきました。

 最初は全く解くことができませんが、

 何度も繰り返し読むことで解けるようになってきました。

 中には身につきにくいものがあったので、

 青本に立ち戻って知識を深めるようにしていました。

 この本は10週以上読み込み、

 巻末の模擬試験も9割以上取れるようになるまで

 何度も読み込みました。

 

4. まとめ

 Java GoldはJava Silverに比べて覚えることが多いので、

 難易度がグッとあがります。

 ですが何度も読み込むことで知識はついていくので、

 あとはあなたの頑張り次第です。

 何度も読み込み作戦で、

 私は1ヶ月でJava Goldを取得することができたので、

 あなたもこの作戦で必ず合格することができます。

 あなたの合格を祈願致します。

 

以上、だだいぬでした。